また知らない間にどっかのサイトにこのブログが載ったのか、アクセス数が大変な事になってました。
今回はいろいろ誤解もあるようなので、現在のジンバブエのインフレーションについておさらいしましょう。

現在この国には、外貨との交換レートが3種類あります。
・バンクレート(いわゆる公式の両替レート)
・キャッシュレート(闇両替のレート、一般生活に即したレート)
・チェックレート(RTGS)(闇両替のレート、これが話題になってるかと思われる1京%だとかのインフレ率になっているレート。生活には即していない)

まずはバンクレート。
これは、銀行に行って両替したときに通用される公式レート。公な場面ではこのレートが使われる。大使館や政府関係の組織はこのレートを使用している。ただ現実的なレート(闇両替のレート)とはかけ離れており、損をしてしまうため誰も銀行では両替しない。
現在1US$=約9000ZW$

次にキャッシュレート。
これは非公式な両替で、闇両替ディーラーに外貨の現金を渡し、ジンバブエドルを現金で受け取るという形の両替の際に適用されるレート。ただ物価は基本的にこのレートに連動している。
現在1US$=約800,000(80万)ZW$。今週の月曜日は1US$=300,000ZW$程度だったので、1週間で2倍以上に。

最後にチェックレート、またはRTGS。
これも非公式な両替で、闇両替ディーラーに外貨の現金を渡し、それ相応のジンバブエドルを小切手で受け取り、自分の口座に振り込む。
この場合、ジンバブエドルの現金を受け取ることはない。相応のジンバブエドルが口座に入るだけである。ただ現在、ほとんどの店では小切手を使えないし、銀行からおろせるお金の上限が500,000ZW$と制限されているので、口座にある金を使いきる事はほぼ不可能だと考えられる。またRTGSとは、最近まで禁止されていた取引で、昨日あたりから復活。これは闇両替ディーラーに外貨の現金を渡し、ディーラーの口座から自分の口座に振り込んでもらう取引。この場合もジンバブエドルの現金を受け取る事は無い。
現在1US$=約150quadrillion(15京)ZW$

以上3つがこの国の両替レートの詳細である。
現在、現実的に機能しているのはキャッシュレートのみである。チェックレートは上記したようにほぼ現実的ではない。15京もの現金を得る事はほぼ不可能である(最高紙幣が100万であるし、十分なキャッシュが流通していない)し、小切手を受け取ってくれる店などジンバブエにほぼ無い。銀行の1日の引き出し最高額が50万ZW$なので、15京全てを銀行から引き出すのは何日かかるのか分からない。現実の市場はキャッシュレートに連動しているので、口座にあるお金だけを考えれば、チェックレートで換金した人は皆金持ちである。ただその金全てを使う事は現実的に不可能である。だから実際はみんな金に困っている。

コーラ(1瓶) 約250,000ZW$
食パン(1斤) 約400,000ZW$
これらは街で手に入れられるものの価格であるが、このようにキャッシュレートに即した価格となっている。
現在、上記したように銀行の預金の引き出し制限があるため、一日でおろした金で買えるのはコーラ2瓶ほどである。この国の現在の最高紙幣1,000,000札でもコーラ4瓶買える程度。ただインフレは毎日進んでいるので、最高紙幣で買えるコーラの本数は毎日減っていくのみである。

最近ではスーパー等でもUS$が使える店が増えている。商売する者にとって安定して品物への対価を得れるのはUS$のみだからである。
ただ一般市民はUS$を手にする事などなかなかできない。だからこの国の格差は広がる一方なのだ。

毎日銀行には長蛇の列が出来ている。皆毎日金を引き出さないと生活できないためである。
最近の新聞にQuadrillion以降の英語での数字の数え方が掲載されてました。そらそうだよね。数え方わからないと困るもんね。

このインフレーションはとても異常である。ただジンバブエ人でない僕が現在の状況下でこのような体験を出来るのは、彼らには申し訳ないけど、とても興味深い。
このインフレの感じ、日本で住んでいる人には分かりにくいかもしれないので、質問あれば答えます。